前回に引き続き、ファスティングのもたらす嬉しい作用についてお伝えしていきます。前回で「ファスティングをすると腸が善玉菌で満たされるので、血液がきれいになり、全身の細胞がピカピカになる。」ことはお分かり頂けたかと思います。

今日はファスティングの更に嬉しい作用をお伝えします。キーワードは「体内酵素」です。ここ何年かでよく聞くようになった「酵素」を有効活用していきましょう。

まず、酵素、酵素とよく言うけど、酵素ってなんぞや?という疑問が湧きます。

酵素とは人間を含む生き物が体内で作っている成分です。

食べて吸収出来るのも、髪が伸びるのも、子どもを産めるのも、まばたき出来るのも、喋れるのも何もかも老若男女問わず酵素のおかげです。例えば生き物ではない鉛筆には酵素はありません。鉛筆には出来ないけど、私たちには出来ることは全ては酵素のおかげで出来ています。

逆を言えば酵素がなければ生命活動が何もできないので、「酵素の終わりは生命の終わり」になります。

そんなとってもとっても大切な酵素ですが、生涯作れる量は決まっています。更に1日に作れる量も産まれながらに決まっています。

限られた量しかないのに何をするのにも必要な酵素なので、賢く使いたいものです。

いわば、お小遣いのようなものですね!例えば全部パチンコに使ってしまったら(*´・ω・)…好きなものを買ったり、食べたり、美容室へいったり、エステしたりするお金は残らないのと同じです。

体内酵素は代謝酵素と消化酵素に分かれます。文字通り、消化酵素は消化に使う酵素で、代謝酵素は肌や髪を作ったり、脂肪を燃やしたり、免疫を上げたり、生命活動に使う酵素です。

限られた酵素を代謝酵素に使うか消化酵素に使うかは食べた量や物を気をつければ、自分でコントロールが可能です

人間は飢餓の時代が長かったので、食べ物の消化吸収を最優先でするように遺伝子レベルでプログラムされています。ですので、胃腸に食べ物が入ってくると酵素を消化酵素として費やします。

腹八分目とはよく言ったもので、常に食べ過ぎていては消化にばかり酵素を費やしてしまい、代謝酵素に回せません。つまり身体の代謝活動が鈍くなり、太ったり、肌老化が進みます。

痩せたい、美肌になりたい、疲労回復したい。そんな方は限られた酵素を代謝酵素になるべく使えばいいわけです。

もうお分かりですね!ファスティングは「消化をさぼる」 ので、消化に酵素を費やしません。

必然的に100%代謝酵素に回せるので、脂肪が燃焼し、肌がきれいになり、ダメージを受けていた子宮や卵巣等の臓器が回復するわけです。

良いことづくめのファスティング!ケアが難しいとされている臓器(卵巣、子宮、腎臓、肝臓、副腎)も自分の代謝酵素で若返らせることが出来るのです。

腸が汚れていて、代謝酵素も不十分なままでは良いサプリを摂っても、運動しても、高級化粧品を使っても効果は半減です。

非効率で時間もお金も勿体ないので、まずはファスティングで身体を整えてみてはいかがでしょうか。

ICOU〜衣香〜では専門知識を駆使して、お客様のファスティングを全力フォローします!!まずはお気軽にご相談くださいませ。メール・電話・LINEでも承ります。