こんばんは。ICOU~衣香~のアロマセラピスト穂高です。

長野県の6月は昼間は初夏らしい暑さですが、夜は涼しいですね。

今夜も涼風が気持ち良い。月もきれいです。

 

さて、脱不妊大国をめざして女性の身体シリーズを書いてきました。

今回は『今日からできる妊活』がテーマです。

前回の『卵子の減少と老化』で書いたように、いつか妊娠、出産をしたいなと思う女性は生理を迎える前に身体を知り整える必要があります。

結婚してからでは遅すぎるのです。どんなに遅くとも出産を望む年齢の3年前から身体を整える(妊活)が必須です。

 

では今日からどんなことをすればいいのかを具体的に書いていきます。

まずは一番大切なことは、冷やさない事です(*‘ω‘ *)b

子宮は空洞のなっている臓器なので冷えやすいです。夏でも冬でも温める。と意識してくださいね。

 

さて、ここで質問です。

女性の理想的な体温は何度だと思いますか?

35℃代という事はないのはわかりますね。

では36・0℃あれば大丈夫?

 

正解は基礎体温で36・5℃以上です。さらに美人体温は36.8℃以上です。

低体温だと子宮内膜がうすうすで非常に妊娠し辛いと言われています。

また、逆子は低体温のおかあさんに起こりやすい現象だと先生は仰っていました。

赤ちゃんは大切な頭を発達させるために、一番温かい場所、、、つまり、お母さんの心臓の側へ頭を持っていってしまうそうです。

 

では 早速はじめよう!温かい子宮作り3stepです。

 

Step①冷たい物を取らない

冷たい飲み物を取る習慣がある人は要注意です。冷たい飲み物を取り過ぎると胃腸が冷えてしまいます。

胃腸の冷えから体温が下がるのはもちろん、腸と隣り合わせの子宮もつられて冷え冷えになってしまいます。

そうすると、体は冷えから守るために子宮と卵巣周りに脂肪を蓄えます。

脂肪がつくと卵子の飛び出す力が弱まるので、スムーズに排卵されなくなります。

 

Step②服装(特にインナー、下着)で温活

サイズの間違った下着の締め付けで血行不良、リンパ液の流れの阻害をしてる方があまりにも多いです。

これは体を凝り固まらせ、体型を崩し、全身を冷やします。

日本は着物を着る文化が長かったので、ランジェリーが入ってきたのは明治になってからと言われています。

歴史が浅いので平成の今も下着に対する正しい知識を持たない人が多いのが現状です。一番、体に近い物なのに採寸すらせずに買う人も多いです。

体型は年々変わるのに測ったことがあって2,3回。

間違ったショーツを履いていると妊娠中は胎盤の血行不良の原因になると言われているそうです。また、妊娠中でなくとも子宮周りの血行不良を起こします。

アンダーバスト、お腹、脚の付け根に食い込まず、バストやヒップをしっかりホールドする物を選びましょう。

今はホールドできるけどかわいくてセクシーなデザインの物もございます(*^▽^*)

また、特殊繊維でできていて、子宮を暖めてくれる優れものなどもおすすめ!身体に1番近い長時間身につける物なのでとても体質改善します。

 

Step③生理用品の選び方

生理用品は布ナプキンを使いましょう。

生理用品は紙ナプキン、タンポンを使用している人が多いです。

紙ナプキンは液体を凝固させる作用があります。それが保冷剤とほぼ同じ成分で出来ています。

簡単にいうと冷えピタをデリケートゾーンに当ててるようなイメージです。これは非常に子宮を冷やします。

 

冷えてしまった子宮は排泄力が弱まるので、十分に子宮内膜を外に出せなくなります。

☆(子宮内膜とは毎月作られる赤ちゃんを迎えるためのベッドのようなものです。妊娠しなかった場合は子宮内膜は不必要になるので、排泄する現象が起こります。それがいわゆる生理です。)

妊娠しなかった場合は、月に1度キレイに排泄される必要のある子宮内膜ですが、もし子宮内に残ってしまった場合はどうなるかというと、

恐ろしい事に子宮内膜症や子宮筋腫の原因になっていると言われています。

また、タンポンは冷やすだけでなく、排泄された血液が逆流する可能性が懸念されています。あくまで可能性ではありますが・・・!
 

完全に布ナプキンにするのが難しい時は使い捨て布ナプキンも便利です!

これは紙ナプキンの上に乗せて使うもので、直接的にデリケートゾーンに紙ナプキンが当たらないことで冷えを防ぎます。

一枚、布を挟んで冷えピタを貼るイメージをしてもらえれれば、直接より全然マシなのがイメージできますね!

 

36・5℃以上の体温づくりが妊活はもとより、生理痛を緩和させ、PMSや更年期を和らげると先生は仰っていました。

温活は子どもを持たない選択をした女性にも必要な事です。体は使わない臓器から切り捨てていくそうで、

排卵されなくなった卵巣や生理が起こらない子宮、お乳を作らないおっぱいはがんになりやすいとも言われているそうです。

35℃代はがん細胞が元気になる体温と言われていますので、冷えると使用してない臓器からがんの餌食になりうるそうです。

 

この3Stepは温活の基盤中の基盤です! まずして欲しいことTOP3です。

一日の中で何回も摂取する飲み物、身に付ける時間が最も長いインナー、子宮に直接的な影響を与える生理用品。

 

まずは基盤を整えた上でハーブティーを取ったり、アロマテラピーをしたり、白糖を取らないようにしたり、発酵食品をとったり、岩盤浴、半身浴を

していく事をICOU~衣香~ではおすすめしていきたいと思います。

 

突発的にしたことや続かない事では身体は変わりません。

身体を整えるには生活習慣を変える事が一番有効です!

 

公の記事では言えない事もあるので、ご興味ある方は直接きいてくださいね(*^-^*)

私が学んだこと、手伝えること、知ってること全て惜しみなくお伝えして、ICOU~衣香~のお客様の身体をサポートします!