こんには。ICOUのアロマセラピスト穂高千恵美です。

前回に引き続き、女性の身体の神秘についてお伝え致します。

このお話を聞くともっと早くから知りたかった。体をもっと大切にしたかったと思う人が多いかも知れません。

 

みなさん、女性の卵子の元になる細胞の原始卵胞はいつから体に存在しているのかご存知でしょうか。

生理が始まったら?生まれた時から?

正解は胎児のときからです。臓器の形成と共に原始卵胞も作られます。

最初にある原始卵胞は700万個

これが生まれると同時に3分の1以下の200万個まで減少します。

初潮を迎えるころには約5分の1の30万~40万個まで減少。

20代では10万個

40代だと多い人で1万個と言われているそうです。

思った以上にがんがん、年々減っている・・・。

生まれる前から存在していた原始卵胞は自分と同い年です。年齢と共に卵子も老化していく・・。

 

もう、35歳~45歳の女性で妊娠を望んでいる場合は、基礎体温を悠長に付けている場合ではないので

最新の医療に一刻も早く頼ることを先生は勧めていました。

御年33であと3ヶ月で34歳の私も病院行くのに二の足踏んでる場合ではないのだなと思いました。

 

 

思った以上に年齢と共に減少している卵子の元。

の知識は諸外国では子どもの時から叩き込まれるので、バリキャリの女性ほどライフプランをしっかり立てている傾向にあるそうです。

日本人は知識が乏しいのでライフプランが出来ておらず、妊娠出産したらキャリアが詰めなくなる。と勘違いしている方が多い。

私もその傾向にありました(*_*; 大まかにはライフプランニング出来てはいましたが、まだまだ甘かったと講演を聞いて実感しました。

妊娠も望む反面、子ども出来たら今の仕事を休むのが辛いとどこかで思ってしまっていました。

 

さて、ここで問題です。

今日があなたの排卵日だとします。卵子は排卵日に1個だけ一番育った原始卵胞から生まれます。

ご存知の方が多いと思いますが、排卵日は月に1度しかありません。

この今日生まれたたった一つの卵子。

 

この卵子はいつから体の中で排卵に向けて、準備していたと思いますか??

前回の生理が終わった2週間前?

前回の排卵後にあたる1カ月前?

 

正解はなんと半年前です。180日前の体調が今日の排卵に影響を及ぼしているのです。

 

女性の身体はデリケートでストレスや睡眠不足、過労などで排卵されない事も多々あります。

半年前の自分の食生活、身に付けた物、心理状態が規則正しい排卵が行われるかに大きな影響を及ぼしているわけです。

 

日本人は年齢に伴う卵子の減少、半年前の体調が今日の排卵に影響をする事をあまりにも知らないので、

望めばすぐに妊娠するものだと思ってる方が非常に多いそう。

 

35歳で子どもが欲しいと思ったら、どんなに遅くとも32歳から体を整える必要があるそうです。

もし、将来的にいつか結婚して子どもを産みたいという願望があるのなら今日から妊活をはじめましょう。

結婚したら、相手が出来たらでは遅すぎるのです。

 

妊活をすると心身ともに美しく健康になります(*^▽^*)

生理痛も緩和して、PMSに悩まなくて済む!そんな体作りをすることが今からできる妊活です。

一石二鳥ですね!!

講演をしてらっしゃった先生は、正しい女性の身体の知識を一人でも多くの人に持ってほしい。

それを伝えるのが自分の使命だと思っているとおっしゃっていました.

 

私も講演を聞いて、先生の考えに共感し、驚き、一人でも多くの女性が正しい性の知識を持って幸せな人生を歩めるようにと願い込めてこのブログを書きました。

女性の身体に携わる仕事をする立場として、また1人の女性としてこの講演会に参加できた事に感謝しています。

 

次回は 不妊大国第1位日本 今日からできる妊活美活。